クラブは「48時間前に行われた新しい検査の結果を受け、ラフィーニャの半月板手術を7日に、ラモン・クガト医師とリカルド・プルナ医師によって行う予定である。詳細は手術終了後に知らせる」と説明。

 バルセロナ市内にある「キロン・クリニック」でクガト医師によって検査され、深刻ではないものの、右半月板の手術を行うことが決定された。
 同医師によると、内視鏡手術を行うためラフィーニャの離脱期間は、約2週間とされている。

MundoDeportivo編集部

著者プロフィール MundoDeportivo編集部