イスコの将来は依然として不透明なままだ。最近ではR・マドリードの残留を望む姿勢を示しているものの、2018年6月に満期となる契約はいまだに更新されていない。
 その一方でバルサがイスコの獲得に本腰を入れていると囁かれている。そんな中、イスコが知ってか知らずか「へま」をやらかした。いや、ひょっとしたら密かなバルサへのラブコールだったのかもしれない。

 6日、イスコは『インスタグラム』の個人アカウントに1枚の写真を掲載。そこには屋外で友人たちとテーブルを囲むイスコと一緒に「バルサカラーのポテトチップ」が何気なく写されていた。
 これがいけなかった。この写真は瞬く間にネット上で炎上。写真はわずか数分で削除され、新たにアップされた写真にはバルサカラーのポテトチップは跡形もなく消え去っていた。
 あれはイスコが考えたバルサへの密かなラブコールだったのだろうか?
 
 ちなみにイスコはR・マドリードへ移籍する以前、根っからのバルサファンであったことを公言しており、飼い犬を「メッシ」と名付けている。

Isco comiendo con unos amigos con una bolsa de patatas del BarçaIsco, en las misma imagen, minutos después, ya sin la bolsa de patatas del Barça
MundoDeportivo編集部

著者プロフィール MundoDeportivo編集部