この日、カメラ映像で自宅から番組に登場したキャプテンは「自分が大使を務めるユニセフを通して、何かできることがないかを探している。ユニセフと話し合った結果、病院に医療品を提供することが決まった。金曜日に到着する予定だ。チームメイトやクラブも協力してくれている。いまはみんなで助け合わないとね」とコメントした。

 ラモスは自宅での生活についても説明している。「クラブはすぐに自宅待機を判断した。今は毎日同じことの繰り返しだね。トレーニングして、食事をとって・・・。この状況だとフットボールは二の次だよ」

MundoDeportivo編集部

著者プロフィール MundoDeportivo編集部