アディルサはエトーがレアル・マドリード在籍時の1997年に交際。妊娠が発覚したあと、エトーは関係の終了を告げたが、父親としてのすべての責任を約束していたという。

 しかしアディルサは1度も養育費の支払いなどを受けたことがないことから、2018年7月にエトーを提訴。2019年7月には、エトーに月額1400ユーロの支払いを命じる判決が下されていた。

 だがエトーはその後も何のリアクションも起こしていない。3月19日にはDNA検査が予定されているが、これも無視した場合、エトーには厳しい罰則が科せられる可能性があるという。

 エトーは妻との間に2人の娘がいるが、ほかにイタリア人女性との間に1人、フランス人女性との間に2人、スペイン人女性との間に1人の子供がいる。2015年にはそのイタリア人女性に慰謝料1万ユーロを支払う判決を受けている。

MundoDeportivo編集部

著者プロフィール MundoDeportivo編集部