ジャーナリストのモニカ・マルカンテによると、バルサの指揮官はアシスタントコーチのエデル・サラビアと会場に着ていたようだ。

 セティエンはマドリードが生み出す危険や弱点をメモして、このスタジアムで良い結果を出そうとしている。

MundoDeportivo編集部

著者プロフィール MundoDeportivo編集部