執筆者:Sergi Sole

 現在までイタリアでは220人以上が感染、7名の死亡が確認されている。中国で発生したこの新型ウイルスの感染経路は依然として不明なままで、北部では予防措置として博物館、映画館、劇場および学校が閉鎖された。フットボールに関しては先週末のイタリアリーグ4試合が延期になったほか、UEFAはヨーロッパリーグのインテル対ルドゴレツ戦の無観客試合を承認している。

 一方で、明日スタディオ・サン・パオロ開催されるチャンピオンズリーグについては、コロナウイルスが確認されているエリアからは外れている。ナポリに到着した選手たちは発熱検出システムを通過し、遠征したバルサファンのなかにはマスクをつけている人間もいたが、街は比較的穏やかだ。

 世界保健機関(WHO)はコロナウイルスに「パンデミックの可能性がある」ことは認めたものの、それを宣言するには時期尚早だと述べている。それでもイタリア、イラン、韓国での感染者急増については非常に心配しており、「発生に備えるべきだ」と各国に警鐘を鳴らしている。

MundoDeportivo編集部

著者プロフィール MundoDeportivo編集部