執筆者:Roger Tolerro / Fernando Polo

-スアレスとウスマン・デンベレが負傷し、カルレス・ペレス、アベル・ルイス、アレハンドロ・マルケスがチームを去ったので、ストライカーはBから召集したレイ・マナイしかいません。

「決定を批判するのは簡単だ。バルサは決して選手を見捨てない。クラブを去る判断を下すのは常に選手本人だ。負傷者が出ても、計画ではカルレス・ペレスとアンス・ファティがカバーする予定だった。現在はアンスしかいないが、アレックス・コリャードやリキ・プッチのようなカンテラーノもいる。キケ・セティエンは彼らにフォーカスしているよ」

-コリャードとリキがファーストチームでプレーすると考えてもいいのでしょうか?

「彼らにとってファーストチームでのトレーニングは素晴らしいものになるはずだ。自信を持つことでより早く成長すると思う。最終的な判断は監督が下すが、クラブとしては彼らのことをとても信頼している」

-冬の移籍市場での仕事に満足していますか?ロドリゴの代わりの選手は探していましたか?

「誰もが自由な意見を持っているが、我々は最終的に9番を連れてこないという決定を下した。もちろんリスクについては把握しているよ。それでもチームと監督を信じている。我々はものごとを長期的に考えているんだ」

-ロドリゴやオーバメヤンのように条件を満たす選手だけではなく、例えばジルーやジョレンテのように比較的安価な妥協案はありませんでしたか?

「周りの意見に耳を傾けると、一方はストライカーを獲得しろと言い、もう一方はカンテラーノを起用しろと言う。私の考えは、素晴らしい選手を獲得するか、もしくは誰も連れてこないというものだった。冬の移籍市場には選択肢が多くないからね」

-セティエンの入団記者会見で、あなたはスアレスの代替案について「任務を遂行した」と語りました。つまり、その時点で契約間近に迫っていた選手がいたんですね?

「そのとおりだ」

-それはなぜ失敗したのですか?

「最終的にドアを閉じるクラブがあるからだ。それもリスクの一部だよ」

MundoDeportivo編集部

著者プロフィール MundoDeportivo編集部