「この冬の移籍市場で退団を検討していた。嫌なことがあったからだ。私はこのチームで笑えること、冗談を言い合えることを望んでいる。クラブが希望する最高の選手は、ここで気持ちよくプレーできないといけないはずだ」そのように語ったラキティッチは、シーズン終了後にやるべきことを行うと付け加えた。

「私が望むのは楽しむことだ。自分にとっては難しいシーズンだが、すでにページはめくったので、過去のことはあまり考えたくない。決定的な時期を乗り越えるため、自分のベストを尽くすよ」

MundoDeportivo編集部

著者プロフィール MundoDeportivo編集部