執筆者:Ferran Martinez

 まずディフェンスが4人に戻ったことで守備が安定した。右フルバックにはネルソン・セメドを起用。ミッドフィールドはセルヒオ・ブスケツを中心に、右にフレンキー・デヨング、左にアルトゥーロ・ビダルを復活させている。後半はビダル、ジョルディ・アルバ、アントワーヌ・グリーズマンに休みを与え、イヴァン・ラキティッチ、ジュニオル・フィルポ、アルトゥーロを投入した。

 この交代により、デ・ヨングは右ウイングに移動している。試合後にデ・ヨングは「子供のときはこのポジションでプレーしたこともある。サイドでプレーするのは嫌いじゃないよ」とコメントしていた。

「重要なのはシステムじゃなくて、監督がどのようなプレーを求めているかを理解することだ。このような形で勝利すれば、選手たちも自信を感じる」デ・ヨングはそのように付け加えている。

MundoDeportivo編集部

著者プロフィール MundoDeportivo編集部