執筆者:Fernando Polo

 またチームは非常に厳しい状況にあり、ファンもその移籍を容認しないだろう。ガナーズは現在プレミアリーグ10位で、首位リヴァプールとの勝ち点差は34ポイント。ウナイ・エメリは解雇され、元アーセナルのミケル・アルテタが後任を務めている。

 要するに、スター選手を売るタイミングではないということだ。しかしガボン人ストライカーは、バルサへの移籍を真剣に検討している。またFCバルセロナの強化技術部も、オーバメヤンとアーセナルの契約内容をすべて把握しており、移籍交渉に問題ないことを確認した。

 アーセナルは何のシグナルも発していないため、選手個人の意思が重要になってくる。キャプテンとして移籍を希望すると声を上げるげるのは難しいだろうが、もしその意見を明らかにすれば、アーセナルも動かざるを得ないと思う。

MundoDeportivo編集部

著者プロフィール MundoDeportivo編集部