執筆者:Oriol Munoz

 6位のバルサBにとって、16位のバダロナは比較的楽な相手に見えるかもしれない。しかしバダロニアンは、コパ・デル・レイ1回戦でオビエドを3-1で下したあと、1月12日に行われたヘタフェ戦にも2-0で勝利してラスト32ラウンド進出を決めている。

 一方、ガルシア・ピミエンタ率いるバルサBは、第19節エスパニョールB戦で2-0の勝利を収め、首位サバデルとの勝ち点差を6ポイントまで縮めた。ただ、チームは好調だが、左ひざ半月板を負傷したフェラン・サルサネダスは復帰まで12ヶ月を要するほか、ダニ・モレールとホルヘ・クエンカも離脱している。 
 
 現在イニャキ・ペーニャ、アラウージョ、リキ・プッチがファーストチームに合流しているが、ピミエンタはバダロナ戦が簡単なものにはならないと考えており、フベニールからニルスとアントニオ・ヘススを召集してトレーニングを行っている。  

MundoDeportivo編集部

著者プロフィール MundoDeportivo編集部