執筆者:Ferran Martinez

「とても残念だ。我々は攻撃を繰り返して80分まで試合をコントロールしていたのに、残り10分で2ゴールを許してしまった。それまでに試合を決定付けることができなかったことが悔やまれるよ」キャプテンはそのように説明した。

 エルネスト・バルベルデの状況について質問されると、メッシは「最近の試合内容はどうであれ、チームはまだリーガ首位だ」と答えた。

 メッシは続ける。「スーペルコパのレギュレーションについてはいろいろ言われていたけど、それでも僕たちは勝ちたかった。まるで子供のようなミスで2失点しただけでなく、僕たちは2ゴールを取り消された。それが不公平であるかどうかは分からない。ただ、エスパニョール戦でも良い結果を得られなかったし、今日負けたことも事実だ」

 それでもメッシはチームが前進していると語った。「最後はともかく、この試合は80分まで良いプレーができていた。一歩前進したと思っている。批評家?負けたときに叩かれるのは仕方がないよ」

 記者からローマやアンフィールドでの試合と比較されると、メッシは「それらの試合とは何も関係ない」と答えた。「ただあまりにも幼稚なミスを犯したと思う。簡単なボールを失ってゴールを許した。80分間良い試合をしていたのに、やってはいけない間違いだった」

MundoDeportivo編集部

著者プロフィール MundoDeportivo編集部