執筆者:Javier De Leon

 会場はプンタ・デル・エステにあるホテル・ファサーノ。牧歌的な風景にある建物は、外部から完全に分離されている。セキュリティ対策は厳重で、プライバシーを確保する対策もとられた。セレモニーが始まったのはスペイン時間の深夜だった。

 ネイマールは水曜日の夜、リオデジャネイロからのチャーター機で5~6人の友人とモンテビデオ入りした。海沿いのホテルに滞在し、サウナと夕食を楽しんだあと、朝までカジノで過ごしたという。アルゼンチンでクリスマスを過ごしていたメッシとその家族は、木曜日の朝ロサリオからモンテビデオに入っている。

 スアレスとソフィアが初めて出会ったのは、彼らがそれぞれ15歳と13歳のときだった。当時ナシオナル・モンテビデオのユースチームでプレーしていたスアレスは、経済的理由から路上で清掃を行う祖父を手伝っていた。そのとき、ソフィアと出会って一目惚れしたという。

 しかし、2000年代前半の経済危機により、バルビ家はウルグアイを離れてバルセロナへ移住することになった。交際を始めたばかりの2人にとって、ウルグアイとスペインを挟む海はとても大きかったに違いない。

 しかし、スアレスはソフィアを諦めなかった。チケットを手に入れるためにお金を貯め、17歳で単身バルセロナに旅立つ。このとき、ポケットの中にはわずか50ユーロしかなかったというから驚きだ。エル・プラットに到着したとき、セキュリティは不法移民にしか見えない少年を引き止めたらしい。スアレスはカステルデフェルスに住んでいたバルビ家の情報を提示して、やっと解放されたと語っている。

 スアレスは、2人を近づけることができるのはフットボールしかないと考えた。ナシオナルのユースで努力を続けると、2006年にファーストチームデビューを果たし、その1年後にはオランダのフローニンゲンに移籍した。念願のヨーロッパ行きが実現した瞬間だ。

 もはや2人を隔てる海はなく、すべてがずっと近くなった。スアレスはソフィアの両親を説得して、オランダで同棲することを認めてもらう。そして2009年に2人は結婚した。まるでおとぎ話である。

MundoDeportivo編集部

著者プロフィール MundoDeportivo編集部