執筆者:Roger Torello

 インテルはラウタロ・マルティネスを中心に攻撃してくるだろう。ルイス・スアレスに代わるストライカーとしてバルサの補強候補にあがる選手だ。今シーズンはセリエAで8ゴール、チャンピオンズリーグで5ゴールを決めている。カンプ・ノウでバルサから決めたゴールもそのひとつだ。

 アントニオ・コンテは、このラウタロとロメル・ルカクの2トップに期待できるが、一方で負傷者続出のミッドフィールドには大きな不安を抱えている。ニコロ・バレッラ、ステファノ・センシ、クワドォー・アサモア、ほかに攻撃的な選手ではアレクシス・サンチェスも離脱中だ。

 この試合ではラウタロとスアレスそれぞれの攻撃や、アトレティコ・マドリードでほとんど兄弟のように過ごしたディエゴ・ゴディンとアントワーヌ・グリーズマンの再会などにも注目したい。

 現在、公式戦5連勝中のエルネスト・バルベルデは、余裕を持ってミラノ入りしている。目指すのはサンシーロで行われるチャンピオンスリーグのインテル戦で始めて勝利することだ。過去4回行われた試合はインテルの1勝3分けに終わっている。

 ネラッズーリのファンは、チームがサポートを必要していることを分かっている。80000席を超えるサンシーロのチケットは早い段階で完売した。ちなみにこの試合のチケット販売額は700万ユーロを超えたが、これはイタリアのフットボールの試合がこれまで到達したことがない数字である。バルサファン用の1200席も完売している。

  

MundoDeportivo編集部

著者プロフィール MundoDeportivo編集部