インテルのストライカーは、昨日行われたチャンピオンズリーグのスラヴィア・プラハ戦でそれを実行している。

 この試合でスタディオン・エデンのスタンドからたびたびブーイングを受けていたルカクは、35分にラウタロ・マルティネスのアシストからネットを揺らしたあと、指で耳に栓をするセレブレーションを行った。

 ただ、この直前のプレーがVARでファウルとなり、ルカクのゴールが取り消されると同時に、スラヴィアにはペナルティキックが与えられている。

 これで同点に追いつかれたインテルだが、ルカクとラウタロのタンデムは何度もスラヴィアのゴールに襲い掛かった。

 そして81分、ラザロからのロングボールに飛び出したルカクが、最後はゴールキーパーを交わしてゴールを奪う。88分にはルカクからラウタロへのアシストで3点目が決まった。

 これでインテルは勝ち点7でグループF2位に浮上。得失点差でボルシア・ドルトムントを上回っているため、最終節のバルサ戦に勝利することができれば、自力でのノックアウトラウンド進出が決まる。

MundoDeportivo編集部

著者プロフィール MundoDeportivo編集部