同誌によると、その告白があったのは昨シーズンのチャンピオンズリーグで、バルサがリヴァプールに敗れたあとだ。メッシは電話でネイマールに「君と一緒じゃなければチャンピオンズリーグには勝てない。どうにか戻ってきて欲しい。僕は2年後にはチームを去るから、そのあとは君の好きにできる」と語ったという。

 今夏バルサはネイマール獲得に動いていたが、8月27日にPSGが受け取ったオファーが、契約に結びつくことはなかった。

 ちなみにネイマールを残留させた大きな要因のひとつは、キリアン・エムバペがネイマールに語った「ここを去るなんてありえないよ」という一言だったそうだ。

MundoDeportivo編集部

著者プロフィール MundoDeportivo編集部