執筆者:Yaca Garcia-Planas

 2018年12月にマンチェスター・ユナイテッドから解雇されたポルトガル人は、数週間前からスパーズの新監督候補であることがうわさされていた。「多くの歴史と情熱を備えるこのクラブの一員になれることをうれしく思う。アカデミーからファーストチームまで高いクオリティの選手たちと一緒に仕事ができるのはとても魅力的だ」モウはそのようにコメントしている。

 クラブ会長のダニエル・レヴィは声明で「ジョゼはフットボール界で最も成功した監督のひとりだ。彼には多くの経験があり、チームにインスピレーションを与えることができる」と述べた。

 モウリーニョはこれまでポルト(2002-2004年)インテル(2008-2010年)、レアル・マドリード(2010-2013年)、チェルシー(2004-2007年、2013-2015年)、マンチェスター・ユナイテッド(2016-2018年)で監督を務めている。

MundoDeportivo編集部

著者プロフィール MundoDeportivo編集部