ドキュメンタリーは主にドレッシングルームや試合後の様子、選手たちの日常生活などで構成されている。例えばリヴァプール戦に敗れたあと、バルベルデが「もっと攻撃しなければ!」と言いながらジャケットを投げ捨てるところや、ピケの息子ミランがシャキーラと一緒に自宅で試合を見ている場面は、いろいろな思いがよみがえるシーンだ。

 またドレッシングルームで小麦粉まみれになっているアルトゥール、ピケの椅子に爪楊枝を刺すルイス・スアレスなど、選手たちのジョークもたくさん収められている。

 熱心に祈るラングレ、ロッカーの家族の写真にキスするスアレスなど、試合前の選手の行動も興味深い。ぜひプレビューを見てみよう。

MundoDeportivo編集部

著者プロフィール MundoDeportivo編集部