「フットボールから引退させられるまえに、自らフットボールを辞めたいといつも言ってきた」水曜日に神戸で行われた記者会見で、ビジャはそのように語っている。 

 37歳になったグアッヘは、今シーズン初めにニューヨーク・シティからヴィッセル神戸に移籍していた。

「プロとして19年間過ごしたあと、今シーズンでフットボールに別れを告げることを決めた。この夢のようなキャリアにおいて、お世話になったすべてのチーム、監督やスタッフ、チームメイトたち、私を支えてくれた家族に感謝したい」

「12月からはDV7のプロジェクトを通してフットボールを楽しもうと思っている」ビジャはそのように述べた」

MundoDeportivo編集部

著者プロフィール MundoDeportivo編集部