執筆者:Edu Polo

 週末のレバンテ戦で敗北を喫した結果、チームへ向けられる目は非常に厳しくなっている。「我々はレバンテに負けたばかりで、それが影響を与えたかもしれない。通常のホームゲームのようなパフォーマンスではなかった。フットボールではすべてが速い。レバンテ戦の前は連勝していたのに、たった3日間で今の状況だ。だが、同じように3日間あればこの状況から抜け出すこともできるはずだ」 

 指揮官は、カンプ・ノウでは特別なパフォーマンスを発揮する義務があると述べた。「ここではただ勝つだけではなく、相手チームを圧倒しなければいけない。我々の目標は3つのタイトルなので、勝利できなければフラストレーションを感じるのは当然だ。今日のような試合のあとはリアクションが強制されるので、その点だけはポジティブだと思う」

 バルベルデはこのスラヴィア戦を次のように振り返っている。「スラヴィアは非常に高いディフェンスラインでプレーしていたので、マークを外してスペースに動くことが難しかった。セメドが起点になって崩した場面もあったが、ラインにはすぐに多くの選手が戻ってきた」

 ジュニオル・フィルポをベンチに入れなかった理由について、バルベルデは「私は常に右利きと左利きの選手を揃えている。今日はセルジ・ロベルトを入れた。もちろんジュニオルについては計算しているひとりであり、これからもプレーするだろう」

MundoDeportivo編集部

著者プロフィール MundoDeportivo編集部