執筆者:Joan Poqui

 バルベルデは、シウダ・デ・バレンシアでのバルサがチームとして成り立っていなかったことを隠さなかった。「レバンテ戦では先制したものの、後半の立ち上がりからまったく調子が上がらなかった。相手は我々を圧迫してきたが、上手くやれば跳ね返せたはずだった」

 今シーズンのバルサがホームとアウェイでまったく異なる顔を見せるようになったことについて、指揮官は次のように語っている。「フットボールにおいて、人々は常に理由を探そうとする。シーズン序盤はビルバオとグラナダで敗れ、パンプローナで引き分け、アウェイで勝ち点を獲得できなかった。そのあと3回勝利したが、先日の試合でまた負けた。負けた理由について考えるとき、私は心理学者に頼るつもりはない」

MundoDeportivo編集部

著者プロフィール MundoDeportivo編集部