執筆者:Angel Perez

 ラウタロはユースキャリアをリニエルスの下部組織で始めたが、わずか1年でラシン・クラブに引き抜かれた。ファーストチームでデビューしたのは18歳のときである。

 2015年10月31日土曜日、ラウタロはディエゴ・ミリートに代わってピッチに入った。このあと、"エル・プリンシペ"の足跡を辿ることになるとは想像もしていなかっただろう。

 ミリートはチャンピオンズリーグ決勝戦での2ゴールを頂点に、ネラッズーリの神話になった選手だ。インテルファンはラウタロにそのミリートの姿を重ねている。

 ちなみにディエゴの弟ガブリエルはリオネル・メッシの親友のひとりだ。すでにアルゼンチン代表ではチームメイトのラウタロとメッシだが、同じアスルグラナのシャツを着る可能性もある。 

MundoDeportivo編集部

著者プロフィール MundoDeportivo編集部