執筆者
Sergi Solé

 CL決勝のアンバサダーであり、リヴァプールFCの黄金時代を築き上げたイアン・ジェームズ・ラッシュ氏は、17日金曜日(現地時間12:00)スイスのニヨンにて行われるCL準々決勝の抽選会において、くじを引く役割を任されている。リヴァプールの伝説のフォワードとして名高いラッシュ氏は、2016年8月のグループ分け抽選会では公正な抽選を行った。
 2016年12月の抽選会では、CL決勝リーグ本部カーディフとは無関係であるルド・グリットがくじを引く役を任され、スイスでの抽選会においてパリ・サンジェルマンFC対FCバルセロナの対戦カードを引いた。

 CL決勝リーグ対戦カードは、14日に行われるレスター・シティFC対ユヴェントスFC、及び15日に行われるアトレティコ・マドリード対バイエルン・レバークーゼン、ASモナコ対マンチェスター・シティーFCの対戦結果による。
 レアルマドリード、バイエルン・ミュンヘン、ドルトムントはすでにCL準々決勝の対戦カードが発表されており、ファーストレグ(第1戦)が4月11、12日、セカンドレグ(第2戦)が18、19日と1ヶ月以内に対戦が実現する。対戦相手が同じ国のクラブとなる可能性もある、公正な抽選会が行われる。
 準決勝対戦カードに関しては4月21日まで決定しない。

 抽選会にはバルセロナの代表として副会長ジョルディ・メストレ、スポーツプロフェッショナルコーチであるアルベルト・ソレル、技術コーチのラウル・サンジェイ、UEFA関係者であるアマドル・ベルナベウ及びダビッド・ベルベルが立ち会う予定である。

MundoDeportivo編集部

著者プロフィール MundoDeportivo編集部