今夏モラタラスから加入したあと、たびたびクラブと衝突していたバルデスだが、先週金曜日に発生したパトリック・クライファートとの口論が決定的だった。

 その結果、バルデスは週末のタラゴナ遠征への参加を許されず、クラブからの正式な処分を待つ状態だった。

 そしてバルサは「本日FCバルセロナは、ビクトル・バルデス本人にフベニールAの監督ではなくなること、クラブの所属から外れることを伝えました。後任は2010年からマシアに加入し、現在フベニールBを率いているフラン・アルティガが務めます」と発表した。

MundoDeportivo編集部

著者プロフィール MundoDeportivo編集部