リオネル・メッシが、マルク=アンドレ・テア・シューテゲンとジェラール・ピケに向かって「もっと落ち着いてやろう。プレスをかけてこちらが前に行くんだ」と語っていた場面だ。

 開始3分にラウタロ・マルティネスに先制点を許したバルサは、前半ボールポゼッションで上回りながら、インテルの組織的な守備に苦しみ、また何度か危険な場面も作られている。

 メッシのこの呼びかけに対して、ピケは「やってみよう。オレたちは中盤まで押し上げるけど、そこから先は任せたぞ」と返していた。

 このやりとりが功を奏したのか、後半バルサはルイス・スアレスが2ゴールを決めて逆転に成功している。

MundoDeportivo編集部

著者プロフィール MundoDeportivo編集部