「みなさんこんにちは。この数週間さまざまなメディアが、私がスポーツディレクターとしてFCバルセロナに戻る可能性について報道していました。私はクラブのオファーを受け入れないと決定したことを、ファンのみなさんに伝えなければいけません」

「私はホームに帰りたいという気持ちを常に持っているので、簡単な決定ではありませんでした。しかし、このタイミングで戻ってしまうと、現在進めている他のプロジェクトが止まってしまうことが心配だったのです」

「今回、このような重要なポストを提案してくれたクラブには感謝しています。バルサ万歳」 

MundoDeportivo編集部

著者プロフィール MundoDeportivo編集部