執筆者:Roger Torello

 この試合を2-1で勝利したバルサだが、ピケはシーズン開幕後からここまでの結果を自己批判している。「変更を加えるのは簡単じゃないけど、我々は良く話し合うんだ。今日はすばやく押し上げたことがゴールに繋がったと思う。ヘタフェ戦でも同じように戦いたいね」

 ルイス・スアレスへのブーイングについては次のように語った。「ファンにはそれぞれ自分の意見があり、それを表現したい気持ちは理解している。ただ、選手もひとりの人間なんだ。すべての試合を4-0、5-0で勝ちたいと思っているよ」  

 続いてピケはエルネスト・バルベルデも擁護している。「今夏は多くの時間をツアーに費やし、明らかにトレーニングが不足していた。その結果、まだフォームを取り戻していない選手もいる。我々はバルサの選手だから言い訳はできないけどね。私はここで11シーズン過ごしているが、その多くで勝利を手にしてきた。今シーズンも同じだと考えている」

MundoDeportivo編集部

著者プロフィール MundoDeportivo編集部