執筆者:Ferran Martinez

 最もベテランだったのはペレ・グラタコスだ。セグンダAに昇格したばかりのバルサ・アトレティク(現在のバルサB)でプレーしたほか、2003年から2005年まではフィリアルの監督も務めている。

 愛犬シモンと共にやってきたカルレス・プジョル、女子チームキャプテンのビッキー・ロサダ、カルレス・アレニャとセルジ・ロベルトは、それぞれの昔話に花を咲かせていた。

 そのあとやってきたハビエル・ガルシア・ピミエンタとシャビ・ロカは、バルサB時代の元チームメイトである。その輪にジョフル・マテウ、アントニオ・イダルゴが加わった。

 リキ・プッチとアベル・ルイスは渋滞のため合流が遅れたが、記念撮影の時間には間に合っている。ギジェルモ・アモールとチャピ・フェレールもここに参加した。

 1990年以来バルサBの責任者を務めているトニ・アロンソは、最も印象深い思い出を聞かれると「あまりにも多いから一つだけは選べないよ」と答え、すべての人々とハグを交わした。

MundoDeportivo編集部

著者プロフィール MundoDeportivo編集部