執筆者:Ferran Martinez

「ペナルティキック?マルコ・ロイスは常に変化をつけてくるから、研究するのは難しいよ。でも今回は止められそうな気がしてたんだ。本当にうれしい」試合後、ゴールキーパーはそのようにコメントしている。

 一方で、試合全体を振り返るとドルトムントが優勢だったことを認めた。「彼らには決定的なチャンスが何度かあった。我々は上手く組織されていなかったと思う。ドルトムントのようなチーム相手に、そのような内容だと勝つのは難しい。結果的に勝ち点1を得られたのはポジティブだ」 

 最近、ドイツ代表のマヌエル・ノイアーとのやりとりがピックアップされているテア・シュテーゲンだが、この日の自分のパフォーマンスには「みんな私に何ができるのかを知っている。常に100パーセントの力を発揮したいと思う」と満足していた。

MundoDeportivo編集部

著者プロフィール MundoDeportivo編集部