ただ、キャプテンはこの結果について「失望はしていない」と付け加えている。「僕たちには素晴らしいチームがある。ネイマールは世界最高の選手のひとりだから、もし彼が加わっていれば、イメージやスポンサーシップの部分を含めて、バルサはさらに飛躍したと思う。そういう感想だよ」

 同時にメッシは、自身がネイ復帰を会長に直訴したといううわさを否定した。「僕からネイマールの復帰を求めたことは一度もない。意見を聞かれたときにコメントしただけだ。(クラブを支配しているといううわさについては)すでに証明されていると思う」

 ムンドデポルティーボが報じたように、バルサは新しいゼネラル・マネージャーにカルレス・プジョルを迎える。「プジョルは理想的な人事だよ」現キャプテンは元キャプテン到着をそのように語った。「構造を大きく変えるものじゃないけど、安定性はさらに増すと思う」

 そのクラブとの契約について聞かれると、メッシは「自分の家のように感じているから去りたくない」とコメントしている。「僕にとって条項や年俸は何の意味も無い。勝利のため、プロジェクトを成功させるために残りたいんだ」

 復帰が待たれる自身の状況については、「100パーセントの状態になってから戻るよ。実はベティス戦のまえに大丈夫だと思って、また少し再発したんだ」と説明した。

 同じく負傷しているウスマン・デンベレについては、たびたびその姿勢が問題にあがる選手だ。キャプテンとしての意見を聞かれたメッシは、次のようにコメントしている。「プロフェッショナルになること、バルサで成功することを目標に、気持ちを切り替えなければいけないね。昨シーズンは一番重要なときに負傷したから、今シーズンはその不運が繰り返されないことを願っているよ」

 そのデンベレの同胞でもあるアントワーヌ・グリーズマンの印象を聞かれたメッシは、「僕はずっと離脱しているから、彼のことはあまり知らないんだ」と説明する。「グループセッションにほとんど参加しないまま、彼らはプレシーズンツアーに出発したからね。ただ、これから多くのことを共有できると思うよ」








MundoDeportivo編集部

著者プロフィール MundoDeportivo編集部