執筆者:Javier Gascon

 この試合、リーケ・マルテンスとビッキー・ロサダを負傷で欠くリュイス・コルテスは、リーガ第1節タコン戦から4人のメンバーを入れ替えている。

 ユーヴェは試合開始直後から引き、イニシアチブとコントロールをバルサに与える一方で、徹底してミス犯さないプレーを目指した。しかし39分、アレクシア・プテージャスに先制を許すと、後半は攻勢に転じる。

 その結果、バルサはより多くのスペースを見つけることができたが、なかなか追加点が奪えない状況が続く。アレクシアのクロスからマルタ・トレホンがヘディングシュートをきめたのは72分だった。

 85分にマピが退場して10人になったバルサだが、試合はそのまま0-2で終了している。第2戦は9月25日水曜日にエスタディ・ヨハン・クライフで行われる。

MundoDeportivo編集部

著者プロフィール MundoDeportivo編集部