"#DREAMER"は、スペイン人シンガーソングライターのアレハンドロ・サンスが立ち上げたプロジェクトで、米国の不法移民を親に持つ子供たちの支援が目的だ。

 1982年、米国最高裁は憲法の平等保護条項に基づき、不法移民の子供でも公立学校に通学する権利があることを認めているが、現在のシステムでは高等教育以降のアクセスが難しい状況になっている。

 同プロジェクトは、強制送還の恐れもある子供たちの教育を支援し、運転免許証などの取得から就業までをサポートする。

 メッシはインスタグラムに「アレハンドロ・サンスの"#DREAMER"に参加しよう。夢は必ず実現できるのだから」と投稿。同じようにアントネッラも彼女のアカウントに投稿した。

 "#DREAMER"にはダニ・アウベスやホアキン・サンチェスらフットボール選手のほか、ルイス・フォンシ、リッキー・マーティン、カミラ・カベロ、フアネス、マル、ミゲル・ポベーダなどのアーティストたちが参加している。



MundoDeportivo編集部

著者プロフィール MundoDeportivo編集部