テア・シュテーゲンはインスタグラムに大通りを歩く写真をアップしたが、ファンを最も驚かせたのは彼がカタルーニャ語で「PPassejant per l’Eixample...(アイシャンプラを歩いている・・・)」と報告したことである。 

 この投稿に元バルサのマルク・バルトラが「君のカタルーニャ語は最高だよマルク!」とコメントしたほか、多くのファンも地元言語を使ったテア・シュテーゲンを賞賛した。

 一方で、テア・シュテーゲンはエスタディオ・エル・サダールでの引き分けについての否定的なコメントも受け取っている。例えば「(エル・サダールがある)パンプローナにも散歩しに行ったのか」というようなものだ。

この投稿をInstagramで見る

Passejant per l’Eixample...🙂

Marc ter Stegenさん(@mterstegen1)がシェアした投稿 -




MundoDeportivo編集部

著者プロフィール MundoDeportivo編集部