デ・ヨングがまず強調したのは、幼少期からの夢が実現したということだった。「子供の頃からバルサでプレーすることが夢だった。そして今、僕はここにいる。本当にうれしいよ」

 またデ・ヨングは、カンプ・ノウのピッチに立つこと、そして自分のアイドルだったメッシとチームメイトになることについても喜びの気持ちを語っている。

 FCバルセロナとオランダ人選手の伝統については、「常に特別な関係を築いてきたことを知っている。僕もカンプ・ノウでプレーした先人たちに続きたい」とコメントした。

 アスルグラナのスタイルに適応するのは問題ないようだ。「バルサのプレースタイルは大好きだよ。その哲学はアヤックスと似ているし、楽しんでプレーできると思う」と語っている。

MundoDeportivo編集部

著者プロフィール MundoDeportivo編集部