ネイマールのバルサ復帰のうわさがささやかれるなか、スペインやフランスではコウチーニョがPSGとの交渉材料に使われ、本人もそれを承諾するのではないかと報じるメディアもある。

 しかし、月曜日に行われた記者会見に出席したコウチーニョは「私はバルサと契約している選手であり、他のクラブのことは考えたことがない」と語った。

 コウチーニョは続ける。「メディアが報じているニュースのほとんどがでたらめだ。自分の将来については、正直何が起きるのかは分からないけど、今はコパ・アメリカに集中していて、移籍のことなんて考える余裕もないよ」

 この日32歳の誕生日を迎えたリオネル・メッシに対して、コウチーニョはチームメイトでグループを作っているWhatsAppを通して祝福の言葉を送ったことを明かした。「ピッチの外では超シンプルな人間だけど、いつも私を助けてくれる存在だ。彼と一緒にプレーできるのは最大の名誉だよ」

 バルセロナでは厳しい期間を過ごしたコウチーニョだが、ブラジル代表では笑顔が目立つコウチーニョ。セレソンのノックアウトラウンド1回戦の相手はパラグアイだ。

MundoDeportivo編集部

著者プロフィール MundoDeportivo編集部