2人はお互いに「素晴らしい時間を過ごした」と語り、ペペ・レイナやホアキンたちと朝までパーティを楽しんだことを明かしている。

 その後、結婚式で最も嫌われる行為のひとつ、"スマートフォン禁止"の話題になった。ラモスとルビオの式は「写真はプロのカメラマンが撮影するので式に集中して欲しい」という理由で、参加者に携帯端末の持ち込みを禁止していた。

 しかしカソルラは「そのルールには誰も従っていなかったよ」と語る。理由は、フロレンティーノ・ペレスがリーガACB(バスケットボール)バルセロナ対レアル・マドリード戦を見るため、スマートフォンを預けることを拒否したからだそうだ。

 カソルラはまた、アキレス腱に深刻な負傷を追ったあと、代表に復帰したときのことを「心の底から恐怖を感じていた」と振り返っている。
 
「しかしあの経験から、諦めないことや目標達成を信じることを学んだ。あのとき頑張れたのは、フットボールから離れたくないという気持ちが強かったからだと思う。私は自分の居場所を守るために戦ったんだ」

MundoDeportivo編集部

著者プロフィール MundoDeportivo編集部