リヴァプール戦後にひざの手術を行いコパ・デル・レイ決勝戦を逃したことや、エルネスト・バルベルデ、アントワーヌ・グリーズマン、ネイマールについても語っている。

ひざの手術について

「あの試合(リヴァプール戦)で痛めたんだ。MRIで検査したら半月版が割れていた。水曜日に検査して、木曜日に手術さ。もしチャンピオンズリーグ決勝戦に勝ち進んでいたとしても、出場することはできなかったよ」

コパ・デル・レイよりもコパ・アメリカを優先したのか?

「何かを批判されるたびに答える必要はないと思うけど、怪我を知らずに文句を言うのはやめてほしい。批判している人間は、半月版を割った選手がプレーできると思っているんだろうか?シーズンを通して抱えていた軟骨のトラブルとは関係ない負傷だよ」

シーズンの残念な終わり方

「三冠の可能性がありながら、最終的にそのうちの2つを逃したことは残念だ。しかしフットボールではこのようなことが起こる。確かに我々は悪い試合をしたし、チャンピオンズ敗退のしかたもまずかったね」

リヴァプール戦の影響

「プロの選手である以上、困難な瞬間があることを認識しなくてはいけない。私の場合は負傷離脱という困難に直面した。一方で、妻や子供たちと過ごす時間を得たことも確かだ。もちろん葛藤を抱えていたよ。ただ、私たちも選手である前に一人の人間なんだ。感情を持っていることを忘れないで欲しい」

グリーズマン加入の可能性について

「グリーズマンについて言わなければいけないことは、昨年すべてコメントしたよ」

(2017年12月のスアレスのコメント)「グリーズマンは素晴らしいクオリティを備えているエリート選手だ。まだ若いので、もしバルサに来ればこれからのチームを引っ張っていく存在になる。"9番"以外の素質も備えているから、監督のリクエストにも柔軟に対応できるはずだ」

ネイマールの復帰という仮説

「バルセロナではキャリアで最高の時期を過ごしているけど、そのなかでもメッシ、そしてネイマールの3人でプレーしたシーズンは特別だった。ネイとプレーしたいのは当然さ。ただ、彼はPSGの選手だ。バルサ復帰の可能性については、メディアが勝手に話しているだけだと思う」

バルサで引退する可能性

「それが理想であり、私の夢でもある。しかし、将来はどうなるか分からない。これは私個人の問題ではなく、クラブも関わってくることだからね」

エルネスト・バルベルデについて

「批判されることもあるが、バルベルデは素晴らしい指揮官だ。リヴァプール戦については選手たちのミスだったと思う。もしあれがなければ、素晴らしいシーズンになったはずだ。我々はバルベルデに絶対的な信頼を寄せており、バルベルデもまた我々を信じてくれている。彼の去就を決めるのはクラブの判断だけだね。選手たちの意見はひとつしかない」

MundoDeportivo編集部

著者プロフィール MundoDeportivo編集部