執筆者:Ferran Martinez

 日本では、すでに久保がマドリードのメディカルチェックをパスしていると報じられている。契約期間は5年間で、ヴィニシウス・ジュニオールと同じようにまずはカスティージャ(Bチーム)に所属するそうだ。今夏はファーストチームのプレシーズンに参加するともいわれている。

 『Marca』は久保のレアル・マドリード入りをほぼ確実だと報じているが、移籍金200万ユーロ(約2億4000万円)を受け取ることになるFC東京は『EFE』からの問い合わせに「現段階で何もコメントできない」と答えた。

 一方のバルサは、1週間前にタケとの契約を諦めている。昨日、ムンドデポルティーボは関係者から「バルサが再交渉の席に着くかもしれない」という情報を入手したが、これから状況が変わるのは難しいだろう。すべてが遅すぎるようだ。

MundoDeportivo編集部

著者プロフィール MundoDeportivo編集部