「今回私が手術を行ったのは、ずっと抱えていた軟骨の問題とは関係ない。リヴァプール戦で半月版を損傷したからだ」スアレスはソーシャルネットワークでそのように報告している。

 クラブも半月版の負傷による手術であることを発表していたが、一部では「コパ・アメリカに向けて準備をするための手術だったのではないか?」という疑問も出ていた。

 今回のスアレスのコメントはこれに反論するものだと思われる。ウルグアイ人選手は「私は入団以来、このクラブのために毎日100%努力しているよ」と付け加えた。

MundoDeportivo編集部

著者プロフィール MundoDeportivo編集部