執筆者:Javier de Leon

 FCバルセロナが見込んでいる回復期間は4~6週間。コパ・アメリカの初戦エクアドル戦が行われる6月16日は、手術から38日後である。ウルグアイは20日に日本戦、25日にチリ戦を戦う予定だ。

 ウルグアイ紙『Ovacion』によると、現在スアレスは右足の大腿四頭筋を鍛えるトレーニングを行っているらしい。炎症なども無く、術後の経過は良好だという。

 前回2015年大会に出場できなかったスアレスにとって、今回のコパ・アメリカにかける思いは強い。関節鏡検査の翌日には、リハビリ期間を短縮できる自信を語っていた。

 ウルグアイ代表は金曜日から合宿を開始するが、スアレスはこのままバルセロナに残ってリハビリを続ける。このあと6月1日もしくは2日にモンテビデオに戻り、3日月曜日にチームドクターの診断を受けたあと、代表トレーニングに合流する予定だ。

MundoDeportivo編集部

著者プロフィール MundoDeportivo編集部