「僕たちは学校の友人グループのようなチームなんだ。試合はまるで校庭でプレーするフットボールみたいな感じだね。ピッチの外でもみんな一緒に過ごしている。それが結束力に繋がっていると思う」

 今シーズンはキャプテンとして2つのタイトルを獲得したが、あとわずかというところでチャンピオンズリーグ決勝進出を逃した。デ・リフトは言う。「言葉では説明できない気持ちだよ。(アヤックスでチャンピオンズリーグの決勝戦を戦うのは)この5年間ずっと夢見ていたことだったから・・・」 

「それでも素晴らしいシーズンだった」デ・リフトはそのように付け加えた。「リーグ、カップ、そしてチャンピオンズでもアヤックスのチーム精神を発揮することができたからね」

MundoDeportivo編集部

著者プロフィール MundoDeportivo編集部