執筆者:ROger Torello

 バルサに加入したときのビダルは、バイエルン・ミュンヘン時代の負傷から回復している最中だった。しかし、リハビリが終了したあとに先発できない試合が続くと、ビダルはSNSで不満を述べ始める。最も有名なのは、チャンピオンズリーグのトッテナム戦に勝利したあとの投稿だ。チーム全員が勝利を祝うなか、3分しかプレーしなかったビダルは怒った顔文字を公開した。

 それでも、エルネスト・バルベルデはビダルを信じていた。アルトゥールの負傷時には欠かせない存在になっており、現時点ではミッドフィールダーのなかで3番目に起用されている。リーガでのプレー時間はセルヒオ・ブスケツの2655分、イヴァン・ラィテイッチの2533分に次ぐ1838分だ。

MundoDeportivo編集部

著者プロフィール MundoDeportivo編集部