執筆者:Xavier Bosch

 そのあとカンプ・ノウに到着したエルネスト・バルベルデのスタイルは、原点回帰のようなものだった。またプレスルームでは、監督としてだけでなく人間としても優れた一面も見ることができた。

 だが、アンフィールドでの狂った1試合が、その評価をすべて覆そうとしている。これまで素晴らしい仕事を繰り返してきた指揮官に対して、突然"バルサには向いていない"という言葉が投げかけられて状態だ。

 彼らは誰を新監督にしたいのだろう?これまで以上に選手たちを導き、スポーツを再発明し、試合分析に長ける指導者の名前が挙げられるのか?

 ここ数日、シャビ・エルナンデスを推す声が急激に増えてきた。将来の台本としては悪くないが、シャビはまだ指導者としてのコースを残している。そのキャリアを考えるなら、いきなりファーストチームに呼ぶのではなく、まずはバルサBを率いてもらうことが賢明だ。

 スイッチを握った状態でカンプ・ノウの電気椅子に座らせる。そのようなアイデアは理解できない。 

MundoDeportivo編集部

著者プロフィール MundoDeportivo編集部