ブスケツはこの敗退に言い訳は述べず、ただリヴァプールのほうが優れていたことを強調した。「彼らのほうが我々よりも優れていた。アプローチの部分から差が出ていたと思う。後半も最初からプレッシャーをかけてきた。バルサにもゴールのチャンスはあったけど、最後まで決めることができなかった」

 ファンに対してブシは「あれだけ語っていたローマ戦を繰り返してしまった。ファンに謝罪しなければいけない。ファーストレグで良い結果を出したあと、リターンレグで逆転を許してしまうことは受け入れがたい」と語った。

 大逆転を許してしまった理由について、副キャプテンは次のように説明する。「ボール保持者を絞ることができず、セカンドボールを奪いに行けなかった。また我々が1点でも決めていれば、状況は大きく変わっていただろう。もちろん、これは誰かを批判するコメントじゃない。敗北の責任はチームの全員にある。ただリヴァプールのほうが優れていたんだ」

MundoDeportivo編集部

著者プロフィール MundoDeportivo編集部