試合後、インタビューに応じたアルバは「我々はとても良い試合をしたし、結果にも満足している」と言いながらも、「ドレッシングルームは浮かれていない。リターンレグがあることを知っているからね。この結果を忘れて、リヴァプールには勝ちにいかなければいけない」と語った。

 アルバはリヴァプールについて、大きなプレッシャーを与えるチームだと説明する。「あらゆる対戦相手にプレッシャーを与えるチームだ。攻撃時にはラインを押し上げるが、守備時にはスペースを与えない。すごいチームだと感じたよ」

 この試合でバルサ通算600ゴールを達成したリオネル・メッシへの賛辞も忘れなかった。「メッシと私はお互いをよく理解している。これまで7年間一緒にプレーしてきたからね。何も言わなくても分かり合えるのは、とても効果的なことだよ。バルサはそれをうまく利用しているんだ」

MundoDeportivo編集部

著者プロフィール MundoDeportivo編集部