執筆者:Ferran Martinez

 リーガ第35節レバンテ戦に1-0で勝利してリーガ優勝を決めたバルサ。セレモニーが行われたあと、数名の選手たちがメディアのインタビューに応じていた。

 セルジ・ロベルトは「とても幸せだ。僕たちがどのようにシーズンを過ごしたのかが分かるタイトルだし、それをファンの前で獲得できたことがうれしいよ」と語った。そのあと、隣にカルレス・アレニャがいることに気がつくと、「僕はいつもカルレスのゴールを期待しているんだ」と笑いながら付け加えている。

 そのアレニャは「今日は絶対に忘れられない日になると思う。チームメイトとリーガを勝ち取る気持ちがどんなものなのか分からなかったからね」とコメントした。

>>【期間限定】リーガ優勝!バルサオフィシャルグッズが最大40%オフ!<<


 次にインタビューを受けたのはルイス・スアレスだった。スアレスはまずリーガの重要性から話し始めた。「今日の試合で苦しんだことが、リーガ優勝がどれだけ難しいかを証明している。リーグタイトルを勝ち取るためには、シーズンを通して安定したパフォーマンスが求められるんだ。大きな価値があることをもっと評価しなくてはいけない」

 イヴァン・ラキティッチは冗談を交えながら語った。「素晴らしい瞬間だね。嘘をつきたくないから言うけど、すでに昨日ビールでお祝いしたんだ。もちろん今夜も楽しむよ。そのあとよく休みたい。起きたあと頭痛がするかもしれないけど、水曜日の試合に向けてフォーカスしているよ」 

「リーガ優勝は簡単なものではなかった」そう話したのはクレマン・ラングレだ。「我々は開幕からここまで正しい道を歩んできた。多くの苦しみがあったけど、優勝への野心とファンのサポートのおかげで結果を出すことができたんだ。ホームでお祝いできたことがうれしいよ」

MundoDeportivo編集部

著者プロフィール MundoDeportivo編集部