ロセイは架空会社を通じて、ブラジル代表の試合放映権、ナイキとのスポンサー契約のコミッションなどを洗浄したことを疑われていた。

 全国管区裁判所は提示された証拠の確認を2年間繰り返してきたが、ロセイの不正を証明するものは最後まで見つかっていない。そのため、刑事裁判の原則である"in dubio pro reo(疑わしきは罰せず)"が優先された。

 ロセイのビジネスパートナーのジョアン・ベソリ、妻マルタ・ピネダ、その他の被告ジョゼップ・コロメル、ペドロ・アンドレス・ラモスらも"in dubio pro reo"の原則で無罪が言い渡されている。

MundoDeportivo編集部

著者プロフィール MundoDeportivo編集部