今大会、ジョルディ・ペレス率いるチームは選手を上手くローテーションして勝利を重ねた。中心選手は背番号6のジャニスだ。ノックアウトラウンド進出を決めたバルサはそのまま準決勝に到達。しかしこの試合でジャニスは負傷交代してしまう。

 ペナルティシュートアウトでなんとか決勝戦に進んだバルサだったが、決勝戦でエスパニョールに敗北した。常にピッチに立っていたジャニスにとって、ベンチから見たチームの敗北はつらいものだったに違いない。

 しかし、ジャニスのフットボール人生はまだ始まったばかりだ。彼にはこれから大きな楽しみを手に入れる可能性がある。

MundoDeportivo編集部

著者プロフィール MundoDeportivo編集部