執筆者:Angel Perez

「3年間準決勝に進出していなかったけど、ネガティブな考えはなかったよ。良い結果で勝ったけど、まだ優勝したわけじゃないし、自分たちが優勝候補だなんてことも考えていない。ただ、準決勝に進めたことがうれしい。あと、レオは世界最高の選手だってことを改めて証明したね」ブスケツはそのように話した。

 同じ日に行われたユヴェントス対アヤックスについて、ブシは次のようにコメントしている。「チャンピオンズは難しい大会だ。ユヴェントスは優勝候補のひとつだったけど、アヤックスが見事に勝利した。試合結果?スコアボードを見て知ったんだ。彼らは準決勝に進むにふさわしい素晴らしいチームだと思う」 

 そのあと、ブスケツは話題を再びバルサに戻した。「今日の試合で重要なのは、クリーンシートで終えたことだ。チーム全体の仕事の成果だね。うまくいけば、これからの試合でもライバルを苦しめることができるだろう」

 コウチーニョの"耳に栓をする"ゴールセレブレーションについて聞かれたブスケツだが、その場面は見ていない言う。「これまでずっと批判を受け続けてきたから、その意味でも重要なゴールだったと思う。しかし、他の試合でも素晴らしいプレーを続けていたし、我々にとって重要な選手であることに変わりはないよ」

MundoDeportivo編集部

著者プロフィール MundoDeportivo編集部