執筆者:Edu Polo

 レアル・、マドリードのゼネラル・マネージャー、ホセ・アンヘル・サンチェスもまた、久保建英に興味を持っているが、タケの代理人は現在バルセロナにいて、クライアントとアスルグラナを繋いでいる。

 日本に戻ってからのタケは、母国における数々の最年少記録を塗り替えてきた。FC東京のファーストチームでデビューを果たしたのも15歳のときである。

 彼の進化はFCバルセロナによって計画されていた。タケが常にバルサの担当者と連絡を取り合っていたのは、バルサに戻るという目的のためである。

 6月4日、タケは18歳になりヨーロッパに戻ることができる。タケに興味を持っているレアル・マドリードやパリ・サンジェルマンが割って入ろうとしているが、バルサは彼が古巣に戻ってくることを信じている。

 バルサの計画は、カンプ・ノウにステップアップする前に、タケをバルサBでプレーさせることだ。 

MundoDeportivo編集部

著者プロフィール MundoDeportivo編集部